20代と30代の男性ではこういう所の身だしなみが違います。

身だしなみは人としてとても大事です。内面がいくらしっかりしていても、人の第一印象は外見で決まります。30代の男性ともなると、ラフな格好ばかりではいけません。

 

20代と30代のスタイル
20代まではラフでカジュアルでスポーティなブランドでもまだ大丈夫ですが、30代にもなると、オシャレなものがいいです。ポールスミスやタケオキクチなどは上品でどんな場所でも対応できます。ジャケットは安物を買うと絶対にそれだけの価値しかありません。

 

ブランドかシンプルなファッションか?
長く使うものだから、数万円のジャケットを着こなすようにしましょう。シンプルで嫌味のないブランドはどんな時でもしっかり決まるし、どんな服にもあいます。ジーンズやスラックスやチノパンなど、なんでも相性がいいです。

 

例えばカジュアルなブランドならどこが良い?
30代男性では、ユナイテッドアローズやビームスなどのカジュアルなブランドもいいでしょう。オシャレであり、オンリーワンな着こなしができます。こちらはファッション上級者向けです。マフラーや帽子の小物アイテムもこれらのブランドはかわいいものもありますし、ファッショナブルです。今の時代、ファストファッションが主流で、ちょっと高く感じるかもしれませんが、長く愛用するにはお気に入りの洋服のブランドを身に着けるほうが長期的にはいいですね。

20代後半のメンズファッションでおすすめのブランドを3つ教えてください。

20代後半の男性には、そろそろ落ち着いたメンズファッションを整えたいと考えている方が多いものです。そこで、落ち着いたメンズファッションアイテムを揃えたい方に適した、おすすめのブランドを3つ紹介します。 1つ目は、アーバンリサーチです。10代の頃や20代の前半では知らなかった、あるいは興味が無かった方にとっては、カタログを見るのも楽しいブランドと言えます。オシャレなデザインでありながら比較的リーズナブルなアイテムも豊富にあり、ファッションスタイルの転換期間中に色々と試していくのにも適しています。 2つ目は、ユナイテッドアローズです。落ち着いたモノトーンを中心に、女性から見てもオシャレに見えるアイテムが揃っています。ある程度値段が高い傾向があり、アイテムの製造国も世界各国に幅広く、上質なアイテムが豊富にあります。コーディネートの外観を整える上で、チェックしておくべきブランドの1つと言えるでしょう。 3つ目は、ファストファッションのブランドです。意外と思えるかもしれませんが、ユニクロやGU、無印良品等のアイテムは上手く使う事で落ち着いたファッションスタイルを作るのに役立ちます。リーズナブルでスタイリッシュなアイテムの中には、ショップの店員やデザイナーが愛用する品も存在する程で、使えるアイテムを探す価値が大きなものです。

ビジネスカジュアルで足元で気を付ける事

ビジネスカジュアルだからといって、メンズの場合足下がスニーカーというのはいただけません。 真っ白なコンバースで清潔感を出せばいいのでは、と思う人もいるでしょうが、大学生みたいになってしまってはいけません。あくまでもビジネスであることを基本に靴は選びたいものです。ですから、靴の素材はやはり革であることは避けられません。 カジュアル感を強く出したいなら、スウェードにすることをおすすめします。 ただ、スウェードにした場合、やはりモカシンではちょっとカジュアル過ぎる印象を与えてしまうかも知れません。それをさけるためにはレースアップシューズをおすすめします。そしてスウェードの場合、靴の色は、紺・黒・茶までにおさえるのが無難です。ベージュのチノパンにベージュのスウェードというのはやはり軽すぎるでしょう。ただ、表革ならば明るい茶は使えます。 ただ、明るい色はそれだけ汚れも目立つので気をつけたいところです。表革の靴なら、モンクストラップやチェッカーブーツも素敵です。色も茶だとカジュアル感がでるので、ビジネスカジュアルの場合は積極的に茶を使い、普段は黒にするなどの使い分けで、ビジネスカジュアルらしさを演出するのも一つの手です。